スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

大塚隆司さん講演会

写真 (11) (1)

昨日の大塚先生の講演会は、とても楽しく有意義なものとなりました。

「できない子の方が好き」と公言する先生は、問題を抱えてやる気があらわれない子どもたちの理解者であり、親たちに子どもとの関係を見直すきっかけを作ってくれる心強い味方です。

講演が始まると、よく通る声で(マイクなし)子どもたちとの目からうろこのエピソード。皆さんすっかり先生のお話に引き込まれているようでした。

ホワイトボードに性格の座標を書き、自分の性格のタイプの位置を全参加者が前に出てマグネットを貼り付けたり、隣同士のペアでロールプレイングを行ったり、参加型の講演会となり、「非常にわかりやすかった」「早速実践してみたい」という声をアンケートでたくさんいただきました!

子どものタイプを理解し、親がどう言葉がけするとその子の良さを引き出せるか、良かれと思って言っている事が、実は言ってはいけない事ではないか、などヒントがいっぱいでした。

アンケートでは、「今までの接し方が良くなかったことがわかりました」との声もいくつかありました。「もっともっと話を聞きたい」との声もあり、2時間はあっという間。

嬉しい事に、急きょ先生と昼食をご一緒できることになり、一部の参加者の方やスタッフで先生を囲んで、賑やかに楽しいおしゃべりをすることができました♪

先生にあれこれ質問したり、まわりのお母さんたちの経験談を聞いたり、アドバイスをもらったり。

会ったばかりなのに、子どものこととなるとすぐに話がはずむのは、皆さんが子どものことをよく考えている証拠だなぁと嬉しく思いました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!!

講演の小冊子を作る予定がありますので、ご興味ある方はご連絡ください。
スポンサーサイト

Pagetop

11/28(木) 大塚隆司先生 思春期のコミュニケーション講演会

11月28日(木)10-12時、国分寺Lホールで大塚隆司さんの思春期のコミュニケーション講演会を行います。

https://sites.google.com/site/9696kazaguruma/shishunkihappy

昨年は、堀内祐子さんの発達障害の講演会を行い、大好評でした♪ 

https://sites.google.com/site/9696kazaguruma/event

「子ども達の本来持っている生き生きしたもの、生きる力をつぶさず生かすには家族のフォローが必要なんだよね、親は大変だけど。」というような話をメンバーとします。

子どもも親も応援したい。

この二つの講演会に共通した思いかなと感じます。

大塚先生は、発達障害・不登校など難しさを抱えた子ども達の勉強に長年かかわっていて、子どもの心を生き生きさせることのできる素敵な人です。親の言葉かけで子どもが変わる(本来の姿に)事を教えてくれます。 

先日、大塚先生のブログのやり取り、ついつい言ってしまう母のひと言が。。

http://ameblo.jp/wellmouth/entry-11684360502.html

母:「あのさぁ、テスト勉強なんて、毎日習ったことをその時に復習しておけば、テスト前に慌ててテスト勉強なんてしなくてもいいんじゃないの?」

⇒「これって、『毎日ちゃんと食事に気をつけていれば、あわててダイエットなんてしなくてもいいんじゃない?』
というのと同じじゃないですか?(笑)」

鋭いフレーズ。確かにわかっちゃいるけど、できない事、ありますよね。

どうしたらいいのか。。ダイエットの成功にも関わるかも!

気になる方はこちらをどうぞ。

http://ameblo.jp/wellmouth/entry-11684360502.html


大塚先生の講演会の参加は、こちらから⇒

https://sites.google.com/site/9696kazaguruma/shishunkihappy



Pagetop


プロフィール

hidamarisun

Author:hidamarisun
東京都国分寺市で主に活動しています、
NPO法人 ワーカーズ風ぐるまです。
地域での人と人とのつながり、誰もが安心して「暮らす」「子を産み育てる」「老いる」」を目指して、自立援助、子育て支援、障害福祉、異世代交流などの地域活動に重点を置いて活動しています。
https://sites.google.com/site/9696kazaguruma/

最新記事

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。